日本ではデリバティブ市場が育たない?

先日5/28より大阪証券取引所(OSE)で大証NYダウ・ジョーンズ工業株平均先物取引(NYダウ先物取引)が上場され、取引が始まりました。
http://www.ose.or.jp/news/21799

OSEは今年に入り、積極的に新商品を上場しており、2月に日経平均VIX先物を上場させています。
しかしながら、下のグラフのように上場当初は出来高も残玉も多くはないものの当初としてはまずまずの滑り出しで今後を期待していましたが、徐々に細り、4/12には遂に出来高、残玉ともに「0」を記録してしまいました。
その後も大きな回復も無く低迷した出来高が続いていますが、NYダウ先物が上場された今週に入り、少し出来高ができています。

VIX


上場されたNYダウ先物はというと
初日が3枚
2日目が39枚
昨日が4600枚
と増やしてきており、こちらには期待したいところですが、残玉が2枚、13枚、5枚と低迷しており、一筋縄では行かなそうです。

商品市場でも昨年8月にコメ先物が上場されましたが、大型商品ということもあり、期待が大きかったのですが、下のグラフの通り、大きな出来高とはならず、TGEの起死回生とはならず、昨日お伝えした通りの結末を迎えそうです。

rice


確かに時期としては証券市場、商品市場ともに低迷している時期とはいえ、これだけの大型商品が振るわないということは今の日本でデリバティブ市場を育てる力がない若しくは、投資家からのニーズがないということなのでしょうか。

この不安を払拭するためにも今回のNYダウ先物には期待をしたいです。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

18 : 59 : 34 | Derivatives | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (66)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (44)
Derivatives (66)
etc (338)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事