ユニークさの追求

皆さま、こんにちは

さて、世の中大変なことになっていますね。
中近東北アフリカなどの政変や地球規模で発生する天変地異など、このところ「商品」をめぐる市場環境の激変には危機感すら感じます。

需給要因から適正価格に猛進するコモディティに歴史的事変が加わり乱高下を演出する。
国内市場の効率化が進み収益機会の減少が唱えられる中、お話をさせていただくトレーダーの方々は好調を維持しているようです。

トレード手法にはアウトライト型とスプレッド型などがあります。アウトライト型はブレイクアウト系が主で運用のプロはほとんどこのタイプだといわれています。
ただ日計り派には、スプレッド型が多いようです。どちらも「相場の行方はわからない」との前提に立っていることでは同じですが、安定的な収益を獲得するためには、時間を見方につけなければ難しいからです。

スプレッド型にもいろいろです。単純な2限月のサヤ取りから始まり、割高な限月を2単位売り、両隣の限月を1単位づつ売るバタフライなどなど。さらには複数限月にまたがり曲率をアーブするものまで多彩です。
これらの手法もすでに周知の感もあり、収益機会は乏しいものになっています。
ただ、TT_ISV端末の自動売買機能を使用すれば、既に周知となったストラテジーでも優位性を獲得できる場合もあります。

また、唯一エネルギー銘柄では季節的要因を背景としてスプレッドでありながらアウトライト的な要素を有するものがあります。アメリカには、この分野のスーパースター、ケンタウルス・グループのジョン・アーノルドがいます。

とにかく相場の世界ではユニークさが要求されるものと思います。
常に新しいものを。
いろいろ研究をなされたらいかがでしょう。


17 : 16 : 11 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (125)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (344)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事