よいお年をお迎えください

ついに本年最後の営業となりました。

「Net Trade Pro」のお客様には本年もたいへんお世話になりました。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。

今年もいろいろありましたが、国際商品市場は金相場の史上最高値更新
に象徴されるとうりの強気一色でしたね。

高成長を維持する新興国の需要拡大とともに、異常気象の頻発化や
地政学的リスクの高まりなど供給不安も重なり、需給面でのタイト化
が市場価格を一段高へと押し上げた格好です。

山高ければ谷深しといいますが、ボラティリティが高まるとリスクも
大きくなりますが、やはり収益を挙げる機会も増えます。

商品先物が他の金融商品と異なる要素のひとつとして限月制があげられます。
「サヤ出世」や「サヤすべり」で季節要因や大きな時代の流れに乗りながら
収益を挙げるところに醍醐味があります。近年の期近限月の流動性の著しい
低下によりその利点が失われていることはさびしいものです。

皆さんは、ジョン・ポールソンというアメリカの投資家をご存知でしょうか。
サブ・プライム・ローンの破綻を予測し、2008年の1年で150億ドル
を稼いだヘッジファンド・マネージャーです。
その利益額も脅威的ですが、さらに驚くべきはポールソン氏は住宅ローンの
専門家ではなかったということです。

投資をある程度経験された方ならお分かりになると思いますが、レバレッジ
を掛け相場を完全に取り切ることは非常に難しく、ある意味「わかって」いないと
できない所業です。まさしく芸術です。

これからは世界経済の不確実性が高まり、リーマンショックのような事象が
起こることもあるでしょう。
そのときにしっかり波に乗れるようしっかり準備をしておきたいですね~
(まあ無理でしょうが)。

それでは、よいお年をお迎えください。
18 : 43 : 26 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちらまで

traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (118)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (67)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (45)
Derivatives (66)
etc (339)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事