法人の決算シーズン!知識十分?法人デリバティブの税制

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~ 

月の半ば過ぎ頃から、たぬきの所属する部署でも、お客様から年間の損益証明の発行を依頼されることが多くなっています。
個人の確定申告の期限はとうに過ぎていますので、法人格で取引をしているお客様方です。法人の決算期間は自由に設定できますが、やはり年度締めとしていらっしゃる方が多いようですね。

もっとも、いわゆるリテール営業部隊も存在する当社においては、圧倒的に個人のお客様が多いです。
X_TRADER(R)などのISVを使用する「Net Trade Pro」や、海外先物取引の分野になって、ようやく、法人のお客様が現れ始めます。法人格にする方が有利か?というご相談は、よくお寄せいただくお悩みの1つでもあります。

といいましても、我々から結論を申し上げるわけにもいかず…というのも、理由があります。
背景が一人一人異なるから。法人化する場合のメリットを享受できるか否かは、個人の属性によります。
例えば、収益を給与として家族に分配できるといっても、もともと所得の高い家族ばかりならば、法人税率よりかえって高い所得税率を適用されるかもしれません。
毎年の利益額の見込み、家族の構成や収入など、プライベートに踏み込んでいかなければ判断はできませんし、そうなるともはや士業の範疇です。

すると検討の段階では、やはりご本人に知恵をつけていただき、独立トレーダーは法人化すべきか?ではなく、ご自身が法人化に向いているか?の判断をしていただくのが一番かな、と思います。

といっても、巷の業者の税制解説では、基本的に個人向けですし、「法人税制」をキーワードに調べれば、小売りなどの業態に焦点を当てたものがヒットしてしまいます。デリバティブ投資を事業とする法人のための解説、というのは、業者の私も、なかなか目にすることはありません。

そこで! 来月の法人・プロ向けセミナーでは、現役の税理士の先生に来ていただくことにしました。


法人化している方も、これから考えている方も、商品先物やFXのトレーダーの方も、それ以外のデリバティブ取引のトレーダーの方も、是非ご参加ください。

かくいうたぬきもこの講演、大変楽しみにしております~


にほんブログ村 先物取引ブログへ

18 : 49 : 08 | Tokyo Financial Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

法人・プロの方に!!「くりっくラージ」セミナー

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~ 

唐突ですが、トレーダーの皆様、新しい銘柄にチャレンジするときって、どんなことから始めますかね?
出来上がったプログラムを、株商品為替、分野を問わず、とりあえずバックテストして、収益を上げられる市場を探す、というのも一つの方法かもしれませんが、多くの方は、まず、相手について知ることから入るのではないでしょうか?

どの国の市場で、取引時間が何時から何時で、倍率や呼値がいくつで。これだけでも、少なくとも取引に参加はできますが、勝ち抜くには心もとない。
例えば、商品の世界であれば、標準品がどんなものかも押さえておきたいところですよね。金(ゴールド)と言っても、純度99.99%のいわゆるフォーナインの値段なのか、99.9%の値段なのか?理解していないと、市場間の差異を正確に評価できません。「Sugar」の名でも粗糖と精製糖とがありますし、農作物は産地によって値段が天と地ほど違うことも珍しくありませんので、どの産地をターゲットにしているかを把握しておかねば、割高割安の判断はつきません。

それから、農産物のWASDEや、為替の世界の雇用統計など、価格が急変する可能性のあるイベントなどでしょうか。
ただ、ここまでの知識であれば、取引所のホームページを読み込んだり、情報収集に努めていれば、自ずと得られるかもしれません。
やはり、武器となるのは、どの時間帯にどのような参加者が多いとか、他のどの市場の影響を受けやすいとか、市場の傾向や癖にまつわる情報ではないでしょうか。

そんな話を取引所から聞く、貴重なチャンスがあるのです!


本セミナーは、「くりっく365」でかなり珍しい、法人やプロの方に向けたセミナーです。
取引所からは、『初公開!実績から読み解く「くりっく365 ラージ」傾向と分析』と題して、なんと、マーケットメイカーからの提示気配のデータに基づいた発表もあるとか。

法人・プロ向けですが、今そうでない方のご参加も歓迎です。
専業トレーダーになりたい、法人化を考えている、という思いのある方には、きっと有意義な時間となることと思います。

お申し込みは、上記リンクからか、メール(traders@okayasu-shoji.co.jp)または電話(0120-130-475)にても承ります。
お待ちしてま~す!


にほんブログ村 先物取引ブログへ

17 : 57 : 12 | Tokyo Financial Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「くりっく365 ラージ」とは

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~ 

週末にご紹介した「くりっく365 ラージ」の続きです。

価格決定のしくみから入ったのですっかり飛ばしてしまいましたが、FX取引を比較する上で心配な、顧客資産の保全方法も抑えておきましょう。これは、「くりっく365」の標準取引も「くりっく365 ラージ」も同じ取引所取引のくくりで、OTC取引と異なります。

OTC取引では、保全はFX業者に任されています。以前は、他の事業と口座がわかれていれば銀行への預金(分離保管)でもOKでしたが、業者による顧客資産の使い込みが多発したこともあり、今は「信託保全」とされています。信託保全契約では、FX業者に何かがあった際には、銀行が預かっている金銭を顧客へ返すという約束になっています。通常の預金であれば、一般債権扱いとされてしまうところですが、信託が設定されていればこの心配はありません。ただ、信託銀行もサービスでこのような役割を引き受けてくれるわけではないので、FX業者は、信託の設定と維持に費用を払うことになります。

取引所取引では、さらに上を行きます。まず、顧客から預かったお金は、出来る限り速やかに取引所へ預けてしまいます。FX業者が倒産しても、お金は取引所で保管されているので、影響を受けることはありません。
しかし、FX業者から取引所へ、預けられないときがあります。銀行が閉まる15:00近い時間帯に顧客からFX業者への入金が確認された場合などです。たまたまその日にFX業者が倒産したら、FX業者の口座のお金とみなされてしまう恐れがあります。そこで、「くりっく365」の取引参加者も、自社滞留する可能性のある金額以上の信託契約を予め結んでおくことで、二重の備えがなされているのです。

さて、「くりっく365 ラージ」に話を戻しますと、取引単位が通常取引の10倍。手数料が外取りで発生します。
でも、見える形で手数料が課されるからといって、必ずしも顧客不利とはならない理屈は前回お話しした通りです。レートに隠れた手数料があるからですね。
これを、実際に数字で確認しておきたいと思います。

他社様のレートを使うわけにはいかないので、レートに手数料が含まれる「くりっく365」をOTC取引に見立て、同じタイミングでの通常の取引と「くりっく365 ラージ」とのレートを比較してみます。

あるタイミングで取った、価格のスクリーンショットです。
くりっく気配
標準の取引のスプレッドが0.03円、頭に「L」がついている「くりっく365 ラージ」のスプレッドが0.003円
1万通貨取引当たりのコストは
標準の取引がスプレッドのみの 0.03円×10000=300円
「くりっく365 ラージ」は、10万通貨単位当たりの片道手数料を1080円とすると、1万通貨あたり108円。これにスプレッド分を加味して、 0.003×10000+108=138円
総合コストは、「くりっく365 ラージ」の方が安い計算となりました。

いかがですか?外取りだって悪くないでしょう?
ただ、レートは変化しますので、いつでも同じ結果になるとは限りません。そこで…
次回、ちょっと耳よりな話をお伝えします。この話でかなり引っ張ってますが、今度こそあともう1回、のはず(笑)です!


にほんブログ村 先物取引ブログへ

15 : 21 : 37 | Tokyo Financial Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ご存知ですか?FXの価格が決まる仕組み ~取引所編~

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~ 

さて、昨日、OTCのFX取引のからくりについて触れましたので、今回は取引所取引「くりっく365」について取り上げたいと思います。
「くりっく365」では、FX業者の役割は、商品先物や上場株式の取引と同じく、注文を市場に流すことです。顧客の注文の相手方となることはありません。注文のマッチングは取引所で行われますが、しかし、商品先物のように、顧客同士の売りと買いとで約定することもありません。取引所から配信されるのは、商品先物のような板画面ではなく、OTC取引のようなBid/Offer。
どういうことかと言いますと、取引所の中で顧客と業者との間接的な相対取引が行われているのです。業者とは、マーケットメイカーと呼ばれる銀行等6社。6社はそれぞれ、取引所に対し、今買ってもいい価格、売ってもいい価格を提示します。取引所はその中から最も安いBid、最も高いOfferを選び、「くりっく365」の取引レートとして配信しています。

ここまでの話で、お気付きの方もあるかもしれませんが…そう、このスキームだと、FX業者がレートに関わることがないので、OTC業者のように、見えないところで手数料を頂戴することができません。どうしても手数料○○○円と設定せざるを得ず、よって、OTCは手数料が0円なのに「くりっく365」は手数料がかかるという認識が広まったようです。
前回書かせていただいたように、手数料0円だからといって、FX業者はボランティアで注文を受けているわけではありません。どんな投資にもいえることですが、手数料は必ずしも、目に見える形でのみ存在するわけではない、ということです。

最も、今は「くりっく365」でも、ネット取引に関しては手数料が0円というところも珍しくなくなりました。かくいう当社も0円の設定です。このようなことが可能になったのは、OTC業者同様、レートで収益をあげる構造が構築されたからにほかなりません。といっても、FX業者は取引の相手方にはなりませんから、レートから直接収益を得るのはマーケットメイカーです。マーケットメイカーが所定の金額を取引所へ納め、取引所は所定の手数料を差し引いた後、各FX業者へ顧客の取引量に応じバックします。こうして、「くりっく365」業者も手数料0円の設定ができるようになったのです。
手数料が外取りだった頃と比べると、取引所からの配信レートはスプレッドが大きくなっていますが、それは、このような事情からなのです。

さて、さらにややこしくなるかもしれませんが、「くりっく365」には、1万通貨単位(一部銘柄のみ10万通貨単位)の通常の取引の他、「くりっく365 ラージ」と呼ばれる取引単位が通常の10倍の取引があります。「くりっく365 ラージ」は一般に手数料がかかります。つまり、レートには手数料が乗っていないということです。
今や希少な、"裸のレート"で取引される「くりっく365 ラージ」。もう少しお伝えしたいことがあるので、次回もう一回取り上げます!


にほんブログ村 先物取引ブログへ

16 : 32 : 52 | Tokyo Financial Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ご存知ですか?FXの価格が決まる仕組み ~OTC編~

今日もトレードお疲れ様です。
たぬきです~ 

今日はちょっと話題の方向を変え、FX取引について。
皆様、「くりっく365」ってご存知ですか?

この名称からは読み取れませんが、一言でいうなら、取引所で行われるFXです。
巷ではOTCのFX業者が、スプレッド0.○銭固定だとか、自社の特色を懸命にアピールしているので、取引所取引は、ちょっと存在感が薄めな印象でしょうか…

ところで、OTCのFXと取引所のFX、それぞれの価格決定のしくみって、どのくらい浸透しているのでしょう。

OTCの取引においては、顧客の取引の相手方となるのは、FX業者ですよね。FX業者が提示している、この価格だったら買ってあげるよ、売ってあげるよ、という価格は、闇雲に出しているわけではありません。FX業者が顧客に「売る」時には、同時に誰かから買っておかないと、FX業者がリスクを負うことになるため、一般には、銀行からの調達が行われます。この調達の価格に、FX業者の中間マージンを乗せた価格が、レートとして提示されるわけです。こうしてレートの中で利益を確保しているので、FX業者は別途手数料を貰わずとも、やっていけるわけです。

しかし、今や投資家の皆様のレートに対する評価は、非常に辛く(笑)、各社いろいろ工夫して、なるべく競争力のあるレートを出そうとします。
そこで、調達先の銀行を複数用意しておき一番有利な価格を選ぶ方法、銀行を通さず直接市場から調達する方法、いっそリスクを取って調達のコストをなくす方法などが採られているようです。
また、商品先物の板画面をご覧いただければわかるように、値決めとは本来、取引数量があってのものです。各社のレートは、提示は値段だけで、具体的に何枚まで約定させるということを約束しているわけではありません。察するに、なんとか数枚なら受けられるという限界に近い数字を提示しているのではないかと思います。
ですから、顧客からのロットの大きい注文が寄せられると、受け切れず約定拒否せざるを得なくなってしまったり、価格をずらして受けざるを得なくなったりするのではないでしょうか。

また、大相場の後にFX業者が廃業することがあります。多少時間が経ってからの場合は、顧客の未収金(預けた以上に損になった金額)の回収が難航したケースが考えられますが、すぐに決まった場合などは、銀行や市場から調達する取引をしていなかったために、自社で大きな損を抱えたことが疑われます。

しくみから考えれば、実は手数料を取られていることや、スリッページが避けられないことも、おのずと見えてきますね。

さて、次は取引所取引「くりっく365」についてですが…少々長くなりましたので、回を改めて取り上げたいと思います。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

15 : 25 : 30 | Tokyo Financial Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

取引手数料がなくなる?!

お疲れ様です。たぬきです~
9月4日の日経新聞でご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、(株)東京金融取引所が、「くりっく365」において、大幅なビジネスモデルチェンジを打ち出しました。
『「くりっく365」手数料引下げを目的とする取引振興策を実施』と聞けば、投資家の皆様は気にならずにはいられないのではないでしょうか?

取引所為替証拠金取引である「くりっく365」では、現在、取引数量に応じて手数料が発生するのがスタンダードです。
だからといって、手数料の分「くりっく365」が投資家にとって不利かというと、そういうわけではありません。当たり前ですが、OTC業者もどこかで収入を得なければ企業体として立ち行かないわけで、その利潤の取り方が、「手数料」という」目に見えたものなのか、そうでないのかという違いです。
OTC業者では、価格に転嫁する方法が一般的です。レートの決定権を握っているOTC業者は、市場価格(またはカバー価格)より高く顧客に売る、あるいは安く顧客から買い取ることで利益を得ることができます。スワップポイントの設定でも同様のことが言えます。
つまり、投資家にとっては、取引手数料100円を払って1ドル=99.99円で米ドル1枚(10,000通貨)を買うか、手数料0円で1ドル=100円で米ドル1枚(10,000通貨)を買うか、という違いしかありません。
ただ、悲しいかな。取引所のアンケート調査によると、投資家の中には「くりっく365」の手数料は高い、という感覚が根強いようで…。そこで今回、取引所が音頭をとって、取引参加者各社が取引手数料を下げやすい環境を整えようというわけです。

では、同様のことをCMEやTOCOMでも実現できないのか?という声が聞こえて来そうですが、残念ながら無理と言わざるを得ません。
TFXの振興策には、TFXならではのマッチングのしくみが関わっているからです。

TFXでは、各マーケットメイカーが、このレートなら売りたい、買いたい、というレートを提示し、その中から最も投資家に有利なレートが取引所のレートとして採用され、委託者に示されます。
提示したマーケットメイカーは、そのレートに対して注文を出してきた委託者の取引の相手方となり、取引量に応じた手数料を取引所へ支払います。
委託者の注文を取引所へつなぐ取引参加者もまた、取引所へ「定率手数料」と呼ばれる費用を支払います。それぞれのコストは、提示するレートや、委託者から徴収する取引手数料へ転嫁されます。

一方のTOCOMでは、委託者の買い注文と委託者の売り注文とが対当して約定が決まります。
TOCOMでもマーケットメイカーという制度は用意されていますが、一定数量以上の注文を出し板に厚みを持たせる役割であって、完全に取引の相手方となるわけでも、レート決定の主導権を握っているわけでもありません。
従って、取引所への手数料の主要な払い手は、委託者の注文を取引所へつなぐ取引参加者に限られます。取引参加者は、他に収入を得るすべがないので、最低限、取引所へ支払う「定率会費」分は委託者から徴収しなければ、持ち出しになってしまいます。
これが、手数料を永久0円にすることは不可能な理由です。

正直、どこまでお話ししてよいのか、手探りの状態ですので、奥歯にものの挟まったような言い方しかできなくてごめんなさい。
とりあえず今は、「くりっく365」市場が10月以降、変化の時を迎えるかもしれないことに大いに期待していただくとともに、商品市場の手数料体系が決して現状に甘んじているわけではないことを理解して頂ければ幸いです。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

11 : 09 : 16 | Tokyo Financial Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

TFX(2)

東京金融取引所(以下 TFX)で、Tradingtechnologies社がISV業者として
認可待ちとなっております。


ユーロ円金利先物三ヶ月物等の取り扱いが予定されているので、
今後、国内でも金利先物などのトレーディングがX_TRADERを通じて
可能となるようです。


コロケーションサービスを利用し、複数のゲートウェイサーバーを
コロケーションセンター内に設置すれば様々な手法で高速な裁定取引が
可能となってくることは間違いありません。


国内の投資家にも、コロケーションサービスを利用し海外の投資家より
優位性を得る可能性は十分にあります。


例えば、専用線でシンガポールから日本にアクセスする場合でも、
100Mbpsの回線でもおおよそ45万円/月ほどの費用がかかり
レイテンシー(遅延時間)が約72msecほどになり

シカゴから専用線で日本にアクセスする場合は
100Mbpsの回線だけでおおよそ200万円/月以上かかり
レイテンシー(遅延時間)が約140msecかかるようなので

国内だけで取引するお客様でもレイテンシーを考えれば、
かなりの優位性を獲得できます。


今後は、国内の投資家にも海外の投資家と同じ投資環境を利用し
世界標準のトレーディングを行って頂きたいです。



ISVベンダー
17 : 12 : 34 | Tokyo Financial Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

TFX(1)

東京金融取引所(以下 TFX)では様々な金融商品のデリバティブが上場されています。


今までは、金利先物や金利先物オプションなど一般の投資家には馴染みの薄い
市場でしたが最近では、くりっく365の取引も行っているのでFXをやっている
方にはご存知の方も多いのではないでしょうか。


また、金利先物、金利先物オプションなどのトレーディングを行う上で
非常に重要な取引所なので海外の機関投資家などからの引き合いも多く、
現在リモートメンバーシップ制度などの導入を非常に積極的に進めています。


東京証券取引所や東京工業品取引所では、まだ本格的な導入までには到っておらず、
各国からの認可もまだおりておりませんが、TFXでは積極的な施策により
各国からの認可を受けているようです。


しかし、シカゴなどでも次第に東京のコモディティ市場にアクセスしたいという
プロップファームなどが増えてきているようです。


DMA(Direct Market Access)などの制度を積極的に利用し、海外の機関投資家の
取引を行って頂けるようにインフラを整えたいです。


最近は中国市場が非常に活況になってきているので、東京市場も負けないように
頑張っていって欲しいですね。
16 : 42 : 10 | Tokyo Financial Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (125)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (70)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (344)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (7)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事