FC2ブログ

国内・海外先物取引にかかる端末利用料について

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

今回は、先日お客様からお問い合わせをいただきましたので、こちらでも改めて国内・海外のアービトラージを考えた場合の費用等についてご説明したいと思います。

現在、弊社では一つのプラットフォームによるワンスクリーンでの国内外のアービトラージに対応しておりません。
そのため、国内・海外それぞれの端末をご利用いただく必要がございます。

・国内
TOCOMでのお取引に関しては、TradingTechnologies社(以下、TT社)の"X_Trader®"がお使いいただけます。
こちらは、標準版($600/月)・PRO版($1,400/月)の定額の利用料が発生致します。

原則としては、利用月翌月5日(土日祝日の場合は前営業日)の為替レートに応じた日本円での徴収をさせていただいておりますが、海外先物取引を並行してお使いいただいている場合は、海外口座でのドル建て一括徴収も可能です。

・海外
海外先物取引に関しては、TT社の"TT®"またはCQG社の"CQG IC""CQG QTrader""CQG Trader"から選んでお使いいただけます。
こちらの端末利用料につきましては、

"TT® 標準版"
基本利用料$50+1枚当り$0.30の従量課金。
合計で$1,000がcapとなっております。

"TT® PRO版"
基本利用料$400+1枚当り$0.30の従量課金。
合計で$1,800がcapとなっております。

"CQG IC"
基本利用料$595+CQGTrading$250(or CQGSpreader$1,400)の固定。
こちらは追加でAutoTrading$250やAPITrading$245などを組み合わせることも可能です。

"CQG QTrader"
基本利用料$40+1枚当り$0.25の従量課金。
合計で$595がcapとなっております。

"CQG Trader"
基本利用料$25+1枚当り$0.25の従量課金。
合計で$395がcapとなっております。

料金としては、CQG Traderが一番費用がかからずにお使いいただけますが、他の4つと違いRTDのご利用ができない等機能面で劣る部分がございますので、ご注意下さい。


具体例を出しますと、もし仮に国内先物取引で"X_Trader®標準版"を利用し月に1,000枚、海外先物取引で"CQG Trader"を利用し、NYMEXのWTI・ICEのBrentを合計月に1,000枚のお取引をいただいた場合、

X_Trader®利用料 $600(固定)

CQG Trader利用料 $275
($25+1,000枚×$0.25の従量課金)

マーケットデータ使用量 $228
(NYMEX $111+ICE EU $117)

合計 $1,108
これに加えて弊社の手数料や各取引所経費がかかりますのでご了承下さい。
(各端末利用料やデータ利用等は2018年8月時点のものであり、変更となる可能性があります)

また、プラットフォームの利用料に関しましては、お取引いただいた枚数によって無料や割引等も行っておりますので、ご興味がお有りの方はお問い合わせください。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

11 : 00 : 40 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

海外先物取引プラットフォーム"TT"

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

今回は海外先物取引でお使いいただいている"TT®"の基本についてお話させていただきます。

こちらはTradingTechnologies社が提供しているトレーディングプラットフォームです。
国内先物取引"Net Trade Pro"でお使いいただいている"X_Trader®"の次世代verとしてリリースされており、
ブラウザベース・アプリインストールでのお取引が可能となっております。

X_Traderを基本的には踏襲しておりますので、MDTraderやAutoSpreader・ADL等の機能がお使いいただけます。
もちろん、X_Trader同様、標準版・Pro版問わずRTDもお使いいただけます。

複数モニターによるお取引をされる場合は、インストールしたアプリによるお取引がベターだと思います。
ブラウザやモバイルでのお取引も併用ができますので、ネットに繋げさえすればどこでもお取引いただくことが可能です。

但し、ADLの作成についてはブラウザで作る必要がありますので、その点はご注意ください。
また、過去にX_Trader(7.x)で使用していた.algoファイルをインポートすることが可能となっております。

あくまで個人的な感想ですが、X_Trader(7.x)からすると、使い勝手としては銘柄選択や各Widgetを開く際に複数選択して一斉に開くことができない等、若干差異はありますが、慣れてくれば問題無いかなといった印象です。

※TOCOMの商品が選択されておりますが、現在弊社ではTTでのTOCOMへの発注は対応しておりません。

モニター内に自由に配置できていたX_Traderと違い、TTはワークスペースを広げてその中に展開していく仕様ですが、そこも慣れ次第かと思います。
複数のワークスペースを同時に起動させることはできませんが、名前を付けてワークスペースを用途ごとにストックしておけるのは便利かもしれません。



細かい機能や7.xとの違い等については、また改めてお話していきたいと思います。

プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

08 : 25 : 37 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

海外先物取引のプラットフォームについて

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

今回は弊社海外先物取引において、皆様にお使いいただいておりますトレーディングツールについて簡単にご紹介していきたいと思います。
弊社では以下のTradingTechnologies社の"TT"が2種類、CQG社のツールが3種類、計5種類がお使いいただけます。

・TT標準版($1,000cap)
基本利用料$50+1枚当り$0.30の従量課金。
基本的な板画面発注やチャートの表示等シンプルなトレーディングツールです。

・TTpro版($1,800cap)
基本使用料$400+1枚当り$0.30の従量課金。
標準版機能に加え、AutoTrader,AutoSpreader,ADLといった機能が使用可能です。

こちらがTTのワークスペースとなっております。
データに関してはデモ環境のものですので、ご了承ください。


Pro版ではADLといったブロックの組み合わせによるアルゴの構築が可能です。


・CQG Desktop($395cap)
基本利用料$25+1枚当り$0.25の従量課金。
CQGの中でこちらが一番シンプルなトレーディングツールとなっております。

・CQG QTrader($595)
基本使用料$40+1枚当り$0.25の従量課金。
前述のDesktopとの違いとしましては、チャート類の機能追加や
Excel上でのRTD利用が可能です。

・CQG IC
基本使用料$595+CQG Trading$250(or CQG Spreader$1,400)。
こちらは、QTrader以上に機能が拡充されており、
Auto Trade($250)やAPI Trade($245)等
様々な追加課金機能をご利用いただけます。
詳しい利用可能機能については、CQG社のHPでご確認ください。

こちらのスクリーンショットはQTraderのものです。
無題

取引可能銘柄につきましては、前回のブログをご覧ください。

また、記載させていただいた料金は各プラットフォーム利用料であり、
各市場のデータ使用料や弊社手数料、その他取引経費等は含まれておりませんので、ご了承ください。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

14 : 05 : 12 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

国内商品先物・海外先物取引のプラットフォームについて

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

今回は現在、弊社の海外先物取引並びに
国内商品先物取引"Net Trade Pro"において、
取り扱っているプラットフォームについて
簡単にご紹介したいと思います。

まず、商品先物トレーダーの方やトレーディング事業を行っている法人向けである"Net Trade Pro"では、
Trading technologies社の提供している「X_Trader®」
がお使いいただけます。
こちらは、「標準版」あるいはAutoTrader・AutoSpreader等の自動売買ツールを搭載した「Pro版」のどちらかを選んでいただいております。

海外先物取引は法人向けのサービスとなっており、
Trading Technologies社の提供している「TT®」または
CQG社の提供している「CQG Desktop/QTrader/IC」
がお使いいただけます。
対象の市場・銘柄に関してはPDFをご覧ください。



また、お取引に際しては、国内・海外問わず
それぞれのISV利用料、弊社手数料、
海外市場にあたっては各市場のデータ利用料等が
発生致しますのでご了承ください。

X_Trader®につきましては、当ブログの過去記事にも
機能の説明をさせていただいておりますが、
TT®やCQGプラットフォームについても
ブログにてお話させていただければと思いますので、
今後とも宜しくお願い致します。

それぞれの利用料について等ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

13 : 57 : 19 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第3回TOCOMリアルトレードコンテスト

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

第3回TOCOMリアルトレードコンテストが来月、7月2日より開催されます。
昨年6月に第1回、今年1月に第2回が行われており、
国内の公設取引所初のリアルトレードコンテストの第3回となります。

公式ページはこちらとなっております。

今回は、若干のルール変更や中国からの投資家参入を働きかける等裾野を広げての開催となるようです。

主な変更点は、

・開催期間の延長
今までの3ヶ月間から6ヶ月間へと延長し、中長期トレーダーの参加が可能に。

・開始時資金額の低減
今までの100万から50万へと低減し、より幅広い投資家の参入が可能に。

・実益率ランキングの追加
今までの利益率ランキングに加え、実益額ランキングを追加。

といった3点が変更となっております。

裾野が広がったことでコンテストの参加者数は前回以上に増えるだろうと思います。
また、実益額のランキングが出ることで今までとはまた違った大きなリスクを乗り越えた大口のランカーが日の目を見ることとなります。

また、コンテストへの参加については、コンテスト参加を表明している商品先物取引業者で取引をする必要がございます。
私達ももちろん参加しておりますし、ご興味のあるトレーダー様達からのお問い合わせもお待ちしております。

プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

10 : 45 : 57 | Tokyo Commodity Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

石油市場のSCB幅拡大

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

今回はTOCOMからのお知らせです。

TOCOMより5月31日(木)夜間取引(6月1日取引日)開始時からSCB幅の拡大の通知がなされました。
対象銘柄は、ドバイ原油・東京ガソリン・東京灯油の3商品となっております。

変更後のSCB幅は、
10,000円から24,000円へ拡大となります。
DCB幅は、現行通りの1,000円です。

現在のTOCOMのサーキットブレーカーについてお話しますと、
ダイナミックサーキットブレーカー(DCB)と
スタティックサーキットブレーカー(SCB)の二段構えで運用をしております。

DCBは「即時約定可能値幅」。
この幅の外で対当する場合、30秒のインターバルの後、板合わせによる再開となります。

SCBは「発注可能値幅」。
前日の帳入値段を基準とした、この幅の外の価格での注文は受付拒否または取消となります。

ということで今回は「SCB幅の拡大」ですので、当該石油市場において「発注可能値幅」が広がります。
とはいえ、幅外の注文の扱いは変わりませんので、
引き続きSCB幅ギリギリのGTC注文等に関してはご注意いただければと思います。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

17 : 21 : 19 | Tokyo Commodity Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

原油・金のボラティリティ

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

5月に入ってからWTI原油価格が70ドルの水準を3年5ヶ月ぶりに記録し、16日も終値71.54ドルと買い優勢での動きが続いております。
アメリカによるイランからの輸入削減要請やベネズエラの内政危機の影響もあり、需給逼迫は続きそうです。

TOCOMにおいても原油価格は上昇していますが、海外市場に比べ売買高があまり伸びておりません。
10日付けの日経新聞の記事にもETN頼みが鮮明にとありましたように、ETNからの資金流入の減少が一因と挙げられておりますが、投資家の興味をうまく引き込めていないことが大きいのだろうと思います。

ボラティリティに目を向けてみると、原油のボラティリティは2018年これまでの平均で23.16%となっております。
かたや金は昨年の5%に比べ、現在8%程度へと上昇しており、昨年の1-4月の出来高に比べ37%も増えています。
単純にボラティリティの高さがリスク・収益機会の高さと考えると原油も出来高が増えて然るべき魅力はあるのではないでしょうか。

少し話は変わりますが、TOCOMのHPはCME等に比べて、ヒストリカルデータの取得場所がわかりやすいです。
今回ブログ内で使わせていただいた数値は21日ヒストリカルボラティリティですが、各種データが取得可能です。
掲示期間が短いものもありますが、意外に重宝します。

ちなみにCMEでは、いつの日からか各銘柄のsettlementページに"Buy Historical Data""Buy Real Time Quotes"といったリンクボタンが設置されていました。
データ利用料を収入源として力をいれているだけのことはあるなぁと実感しました。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

16 : 18 : 44 | Tokyo Commodity Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

高騰と証拠金変更

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

TOCOMでは東京原油が19日に45,590円と2015年7月以来2年9ヶ月ぶりの高値を付け、23日引け時点では45,830円と上昇を続けております。
シリア情勢、米国の制裁発動の動向の影響の中、原油やアルミ、ニッケルなど非鉄金属や原材料価格が4月に入って高騰が続いています。
株式市場でも資源関連株、非鉄金属関連株の上昇が目立っておりました。

特にアルミに関しては、追加制裁の影響で代替調達先をめぐり国際的に影響を与え、LMEでは3割近い急騰も記録しました。
それに伴い、取引にかかるmarginの変更通知も今月は回数が多く、相場の変動ぶりがうかがえます。

証拠金の変更、特に増額というのは投資家負担が増えることになり、相場の急落を招く恐れもあります。
国内では、5月1日から大阪堂島商品取引所の新潟コシが10,000円から15,000円と1.5倍の証拠金に変更となることがJCCHの定期通知より判明しました。
1枚あたりがいくら少額とはいえ、1.5倍になるというのは相場に影響が出るかもしれません。


この取引にかかる証拠金は、TOCOMではInitial/maintenanceの制度を非採用としていますが、CMEでは採用しているため、若干の違いが存在します。
Spread marginに関しても、TOCOMの場合は限月間の組み合わせによる証拠金の差はありませんが、海外先物においては限月ごとのみだけでなく、一定期間の限月の組み合わせやバタフライ等細かくMargin設定がなされております。

細かく全てを把握してトレードをする必要性はないかと思いますが、変更を知らないままに計算区域が変わった瞬間、不足発生というのは多少なりともドキっとしてしまうのではないでしょうか。

証拠金額の見直しは、国内の場合、通常月2回+臨時変更。海外の場合は都度行われます。
証拠金はトレードできる枚数に直接影響するので気をつけなければいけませんね。
もちろん、証拠金に限らず取引所経費や制度変更等、変化のある際はしっかりとお伝えしたいと思っておりますのでよろしくお願いします。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

10 : 57 : 05 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2017年度の取引高


皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

大阪取引所の2017年度取引高が、前年比15%増の3億5359万単位と過去3番目の高水準であったことがJPXより発表がありました。
5年連続の3億単位超えと好調で、3月度は過去最高の4212万単位を記録したそうです。
日経平均も13年ぶりに期末が陽線を記録するなど株式全体の好調がうかがえます。

かたやTOCOMはというと、2017年度出来高が2537万枚と昨年比4万枚増とほぼ横ばいの数字でした。

しかし、2017年に上場したプラチナスポットが約240万枚、石油スポット市場が約4万枚ということを考えると微増というよりも大幅減といっても良いのではないでしょうか。

金市場(標準・ミニ・限日)が約85万枚減、石油系市場が約54万枚減、ゴム・農産物市場が約78万枚減と、金を始めとする主力商品のボラティリティの低さに影響を受けた感じがいたします。

11日には取引拡大の一手として、北米の原油ブローカー"ネットエナジー"と提携が発表されました。
仲介を引き受けることで、北米の実需者のヘッジ需要を取り込み、なんとかテコ入れをしようといったところでしょう。
ただ、これは立会外取引で引き受ける玉ということになりますので、ザラバの流動性や立会の売買高が上向きになるわけではありません。

限日商品のプロモーションは、確かに金額ベースで標準・ミニ商品の減少以上に増えていますので、ある程度活性化に役立っているのだと思います。
とはいえ全体が落ち込んでしまっては意味がありません。

今年も新商品の上場が控えておりますが、今度こそそれらをきっかけにシナジーが生まれることを期待したいですね。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

10 : 40 : 41 | Tokyo Commodity Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

INE、いよいよ原油先物スタート


皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

来週26日、上海先物取引所グループであるINEで原油先物取引が開始となります。

弊社にて取扱の予定は現在ありませんが、中国先物市場初の外国人参加を認めており、世界最大の輸入国として自国での価格形成の場を準備した形となっています。
中国の先物市場は、今まで海外玉や実需筋が少なく個人投資家が占めているため、投機的な価格形成が特徴的であったと思います。
人民元建て取引ということもあり、どこまで海外玉が増えるのか未知数ですし、そもそも取引数量がどうなるのかわかりませんが同じアジアの取引所であるTOCOMへの影響も十分に考えられます。

ちなみにINEの原油先物の取引時間は日本時間の10:00~11:30、14:30~16:00となっています。

また、シンガポールではSGX・ICEに続き第三の新設の取引所Apex(Asia Pacific Exchange)にデリバティブ市場・決済システム開設の許可が下りました。
5月に米ドル建てパームオレイン先物を上場する予定となっており、HPを見ますとMetal、financial、energyと今後開くであろう市場のページが出来上がっておりました。

Apexは、大連商品取引所・CFFEXの元CEOである朱氏と新湖集団らが主要株主であり、中国資本の勢い衰えずといった印象を受けます。
アジアは鉄鉱石から大豆等第一次産品の最大消費地域であり、価格決定の場をCMEからアジアへ移すことを目指しての設立であることを朱CEOが表明していましたので、ますますアジア・シンガポール市場は目が離せないものとなりそうです。


昨日までの天気から一転、春本番に向けて暖かくなってまいりました。
相場も春に向けHOTになっていくと良いですね。

プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで


にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

13 : 06 : 02 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

TOCOM中期経営計画

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

TOCOMの2018年から2020年までの中期経営計画を公表されました。
詳しくはTOCOMのHPでもご覧頂くことができますが、簡単に紹介致します。

・取引高増加による業績回復
・抜本的なコスト削減
・総合コモディティ市場の整備

この3点を経営目標として掲げ、最重要施策として、

1、個人投資家の参入促進
2、海外マーケティングの強化
3、電力先物の円滑な開始
4、次期システム更改に向けた検討の開始

こちらの4点を挙げております。

昨年以上に個人投資家向けの広報活動の強化や金商業者への働きかけ等を行うそうですので、そちらは期待したいなぁと思っております。
電力やTSR20の上場といった新市場の活性化も必要かと思いますが、今ある市場が小さくなっては仕方がないので、取引所としてできる最善を尽くしてもらいたいですね。

また、休日立会の実施に向けた検討がなされるそうです。
昨年と違う点としては"祝日立会"の記載が"休日立会"となっておりました。
さすがに土日祝24時間365日体制ではなく、あくまで"祝日立会"であると思いますが…

それはさておき、かねてより日本の祝日、特に連休時は海外市場の動きに翻弄されるリスクが存在しております。
ご承知の通り、現状TOCOMは祝日は全面休場です。
CME等海外においても全面休場の場合もございますが、短縮取引や通常通りのケースを組み合わせながら市場が開かれています。

祝日の立会に関しては、皆様それぞれのお考えもあるかと思います。確かに平時よりも薄商いになりますし、リスクを大きく抱えた状態で連休を迎えることはなかなかしないでしょう。

それでもニーズはあるでしょうし、不意の動きへの対応も市場が開いていればこそだと思います。
海外玉や個人投資家の導入を目指す上では必要な部分かもしれません。

しかしながら、前回の夜間立会の延長を含めた変更は果たして取引量への効果はあったのでしょうか。いつでもマーケットが開いている利便性や安心感よりも、商品先物市場へのイメージ・取引のしやすい環境整備を取引所には期待したいと思います。

変更などがある際は、こちらのブログでもご報告させていただきますのでよろしくお願い致します。

プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

10 : 22 : 21 | Tokyo Commodity Exchange | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

トレードにかかるコスト

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

トレードにあたって、必要なものは様々あるかと思います。
PC周りからトレーディング用の椅子等トレーディング環境を整えることももちろんあるでしょうし、自身の戦場選び、ストラテジー…挙げればキリが無いかもしれません。

その中で、いかに早く情報を取れるか動きを捉えられるのかという点で"Market Data"があるかと思います。
固定でかかってしまうコストというのは、電気代や取引に係る手数料等多くありますが、どうにも抗えないのが取引所経費やデータ料ではないでしょうか。

TOCOMでは、リアルタイムの価格データを受信するユーザーに対してデータ料がかかることは現在ありませんが、海外の取引所ではMarket Data Feeとして課金する必要があるのが通例となっています。
それも取引所ごとにかかるため、仮にCMEで通貨・農産物・貴金属・石油製品を取引するのであれば、少なくともCME/CBOT/COMEX/NYMEXの4市場分のデータ料を支払う必要が出てきます。

今現在その4市場について、
取引所が提示しているデータ料は月額85ドル。
3市場で約36,000円を毎月背負っている計算になります。

なかなか取引所としては美味しい商売なのでは、
と感じずにはいられません。
市場の規模など魅力・価値があればこそなのでしょう。

今日、こんな話をしたのはそんなCME Groupのデータ料が2018年4月から値上げというトレーダーにとっては美味しくない話があったからです。
具体的には、CME/CBOT/COMEX/NYMEXのMarket Data Feeが20ドルupの月額105ドルとなるようです。
プラットフォーム上での利用に際して配信業者がマージンを乗せることもあるため、多少のズレはありますがご参考にしていただければと思います。

必要なもの・そうでないものを吟味しながら最大の利益が出せるよう考えねばと改めて感じました。
皆様のトレードに関しても、そんなお手伝いができればなと考えております。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

17 : 28 : 35 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

仮想通貨市場の法整備


皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

先週末に起こったコインチェックでのNEM流出問題は皆さんもご存知かと思います。
29日には金融庁から資金決済法に基づく業務改善命令が出されておりました。

仮想通貨の巨額流出は過去にも起こっており、コインチェック自体もコールドウォレットによるネットから隔離した保管を推奨している中での流出というのはあまりにも管理体制が不十分だったのではないかなと感じました。

法整備が完全ではない中で、こういったことによる規制強化が今後の開発等の妨げになってはもったいないのではないなとも感じております。ブロックチェーン技術然り、仮想通貨も世界的な"通貨"としての側面を持つ点は革新的であると思います。
取引所としてのセキュリティ、透明性を高める方向で整備が進んでいって欲しいものです。

海外でも法整備の不完全さや変動率の高さから、ビットコインのETFの上場が認められない等規制強化の流れが強いですが、その他の金融商品と並ぶものとして成長していくと面白いと思っておりますので今年も仮想通貨は目が離せないですね。

また、FXに関しても、店頭FXへのレバレッジ10倍規制が動き出しており、投資家保護のための規制による投資家の流出が考えられます。
もし仮に法整備の整っていない仮想通貨市場に投資家が流れた場合、果たしてそれは投資家保護になっているんだろうかと考えてしまいます。

法整備や規制強化、あるいは緩和というのは、市場の活性化と投資家保護のバランスを取ることが目的だと思いますし、それがいかにデリケートなものかというのもとてもよくわかります。
昨年のHFT取引の規制についても、今後範囲が広まる可能性は大いにあるかと思いますので、金融商品の法整備や動向には引き続き注視しながら、なにかある際はこちらでお話させていただければと思います。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:仮想通貨 - ジャンル:株式・投資・マネー

15 : 14 : 10 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

氷点下

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

今朝の東京は氷点下4℃まで下がり48年ぶりの冷え込み、33年ぶりの低温となったそうで、全国的に見ても"最強寒波"の影響を受けているようです。
この寒波により、電力需給状況が厳しくなったために東京電力では3年ぶりに他電力からの融通を受けるなど、節電の呼びかけも行っておりました。

「~年ぶり」というのはマーケットの世界においても注目されるワードかと思います。
今年に入ってからTOCOMでのパラジウムの高値記録更新や、日経平均株価の26年ぶり2万4000円台回復、NY原油の3年ぶりの65ドル後半の高値を付けるなど、2017年から引き続き"ぶり"をよく耳にしている気がします。
その他、NY金に関しても2016年8月以来の高値を付けるなど連日の続伸がうかがえます。

また本日は、国内の現物決済商品であるガソリンや灯油系統・RSS3ゴムの納会日でした。
24日時点の商品別取り組み高内訳を見てみますと、ガソリンや灯油の取組の約50%が当業者玉となっており、いわゆるヘッジとしての活用をしていただいているのだなと思いました。

かたや農産物のとうもろこしは飼料として使われることが多いため、ヘッジニーズは存在するかと思いますが、当業者玉は約16%と低く、全体でも8,000枚を割る取組高となっており活性化の必要性を改めて感じます。

国内と海外の市場を見比べた際に感じるのは、やはりTOCOMの市場は当然ながら為替の影響を反映して動く点が浮かびます。
ヘッジとして使う際に、直接的に海外の市場で行うことと国内の市場で為替込みで行うことのどちらが良いのだろうか、もちろん商品の流通上ドルベースなのか円ベースなのかといった点も関わってくるかと思います。
私自身、様々な商品について知っていくこと、それを基にできることを考えていく必要があるなぁと改めて感じました。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

14 : 37 : 18 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

webブラウザ、ブラウザ型プラットフォーム

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

突然ですが、普段webブラウザは何をお使いでしょうか?

国内ではInternet Explorer、世界的にはGoogle Chromeがシェア1位を誇っていますが、2017年末からシェアを伸ばしてきているwebブラウザがあります。

それは、Firefox。

アドオンの豊富さやカスタマイズ性の高さからGoogle Chromeが登場するまでは愛用していた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
機能性が高い分メモリを多く使うため、マシンの速度が遅くなってしまうので、メモリは同様に多く使用するが速度低下がまだマシなChromeやその他に乗り換えた人も多かったブラウザかと思います。
そんなFirefoxが昨年、Firefox Quantumというブラウザとして改良・リリースされ、シェアを伸ばしているようです。

機能性とスピードはどんなジャンルでも大切なんだなぁと改めて感じました。

トレーディングの世界でも、アプリインストールの必要が無いブラウザ版のプラットフォームが多く存在します。

弊社で現在、国内商品先物取引のプラットフォームとして取り扱っております"X_TRADER"は、アプリをインストールしていただくものとなっておりますが、かたや海外先物取引のプラットフォームとして取り扱っております"TT platform"はブラウザ版・アプリ版、スマートフォンでもご利用いただけるものとなっております。

ブラウザベースの場合、インターネット環境さえあれば発注や管理ができることになりますし、アプリ版と併用が可能なので利便性はかなり高いかと思います。

また、ご覧の通りブラウザ版・アプリ版どちらのワークスペースもほぼ同様の見た目、仕様となっているので違和感なくトレードしていただけるのではないでしょうか。

[アプリ版]
無題

[ブラウザ版]
無題2

基本的な使い方や取扱銘柄、料金体系など気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

13 : 04 : 02 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

パラジウム、貴金属、非鉄金属

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

2018年に入り、パラジウムの期先において上場来高値3,853円が記録されました。1月5日、9日、10日と連日で更新となりましたが、その後NY市場の下げにつられてやや下落となっております。
また、パラジウムに限らず、年初から貴金属市場が活発な動きを見せているかと思います。

昨年は金のボラティリティが平均約6%と低く2016年から200万枚ほどの出来高の落ち込み、白金も新規上場したプラチナスポット180万枚とまずまずでしたが、ボラティリティの低さからか全体の出来高は伸びませんでした。

その中でも、今回記録を出したパラジウムは昨年の騰落率が47.3%上昇。
背景にあるのは、ガソリン車の需要が増えたことによる触媒需要や生産国ロシアからの供給不足が挙げられます。

価格上昇ひとつを見てみると2018年も引き続きHOTな銘柄かと思いますが、TOCOMでの出来高を見ますと年間で32,745枚、月間平均2,700枚程度と過去最高だった1999年の年間583万枚の190分の1程度にまで落ちこんでいます。

国内商品市場全体が縮小してしまっていることやビットコインのような新たな投資商品の台頭も全体の出来高へ影響しているかとは思いますが、動きのある中で出来高が伸びていかないというのは少し寂しい気持ちになります。

昨年に引き続き、非鉄金属市場も目が離せない相場になるかと思いますし、海外先物取引も弊社では取り扱っておりますので、取扱銘柄や費用等気になる点がございましたらお問い合わせお待ちしております。

参考までに現在の海外先物取引における弊社取扱銘柄一覧を添付させていただきます。



プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

12 : 26 : 24 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2018年スタート

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

昨日4日、株式市場・国内商品先物市場が大発会を迎えました。
日経平均が741.39円高、国内の出来高も161,294枚と前年を上回る好スタートとなりました。

2018年、国内商品先物市場においては、TSRゴム市場や電力市場、更にはコメ先物市場のザラバ化等が予定されております。
今年は祝日が少ない年と言われておりますが、2019年5月には元号の変更が控えており、10連休になるか否かは良くも悪くも影響が考えられます。
まだ熱の冷めないビットコインも法整備が待たれておりますし、その他市場に関する情報などが入りましたらこのブログで都度お知らせしたいと思います。

また、本日からTOCOMでは第2回リアルトレードコンテストが始まりました。
第1回コンテストでは、42営業日で利益率297.37%の方が優勝され、上位19名が140%以上の利益率を上げておりました。

こうしたコンテストによる促進や商品のバリエーションが増えることで、大発会の勢いそのままに市場が活性化していくと良いですね。

もちろん、私たちも更なるサービス向上にむけて、本年も頑張って参りますのでよろしくお願い致します。


プロトレーダーやシステムトレードに関するお問い合わせはこちらまで


にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

09 : 52 : 26 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ビットコイン先物上場、年末年始に向けて

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

ビットコイン先物がCBOE・CME共にスタートしましたね。
18日のCME上場当初は20,650ドルと高値で寄付き、22日には12,300ドルまで下げ、27日時点では15,000ドル前後と大きく動いております。
出来高は1日1,000枚程度とまだまだ薄い状況と言えるかと思います。
国内では、東京金融取引所がビットコイン先物市場上場に向けて動き出すなど、引き続き注視していきたいと思います。


国内商品先物市場に目を移しますと、先月11月の売買高が約385万枚と10月度よりは増えたものの石油製品市場がやや落ち込んでしまっているかなという印象を受けます。

ビットコインへの資金流出が行われているのかどうか、
来年以降の動きも気になるところですが、
2017年も明日で大納会となります。
昨年に引き続き、夜間取引も行われますのでトレーダーの方々はご注意いただければと思います。

また、TOCOMにおきましては、年末年始のスケジュールに通常からの変更点はございません。
大発会は2018年1月4日(木)8:45オープン(プレオープン8:00)となります。

海外の市場は変則スケジュールとなりますので、ご確認ください。

【New Years】
【CME】New Years Holiday Schedule

【ICE】New Years Holiday Schedule

海外先物取引におきましては、来年から新たなプラットフォーム"TT platform"の提供を予定しておりますので、そちらもブログにてご案内させていただければと思っております。
国内・海外先物取引共に、トレーダーの皆様からのご質問・お問い合わせお待ちしておりますので、よろしくお願い致します。


にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

12 : 54 : 53 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ADL(Algo Design Labo)について ②

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

今回は、前回使用した"Order Block"の設定事項について説明をしたいと思います。

こちらが前回作成した全体図です。



・Order Blockの設定事項
まず、デフォルトでは左側に「銘柄(inst)」「価格(price)」「発注量(qty)」「スイッチ(on/off)」、右側に「約定待ち注文数量(wrk qty)」「約定情報を出力(fill)」といった構成になっております。
ブロック上でダブルクリックすると以下のwindowが表示されます。




こちらでキャンパス上に表示する名前の変更やブロックに追加・削除するポートを選択することができます。

まず、上部の項目ですが、

・Name:キャンパス上の表示名を設定

・Side:通常の注文方向を設定(デフォルトは買い)

・Flip Side For Sell Order:
買いで設計したものを売りに切り替える際に使用します。こちらのチェックボックスは、影響を受ける算術ブロックやask/bit数量や価格のブロックにそれぞれ存在しますので、状況に応じて使い分ける必要があります。

・Order Tag:
このOrder Blockで生成した注文をOrder Fill Window上で判別する際のタグを自由に設定できます。

・Order Type:
LimitかMarketを選択可能(デフォルトはLimit Order)

・Order Flag Color:
MD TraderやOrder Book上において、ここで生成されたOrderを識別するための色を変更可能

下部のチェックボックスには、

・Order Fields/Inputs:
ブロック左側に表示するInputに関わるポートを選択することができ、on/offでは条件によって注文を取消・再発注が行えます。

・Order Message:
ブロック右側に表示するOutputに関わるポートを選択することができ、キャンセルが行われた時や変更が行われた時等のシチュエーションごとに次の行動を設定する際に必要なものを選択することができます。

・Options:
発注に関して、数量等の変更時に発注中の注文を削除し再発注を行うかどうか、注文が削除された際にすぐに新しい発注を行うかどうか等を設定することができます。


このようにOrder Block1つを取っても細かく条件を指定することができ、非常にフレキシブルな設計が可能かと思います。
ただ、細かく条件を指定するということはキャンパス上が複雑になり、つなぎ合わせている線やblock、全体像が見づらくなっていきます。
設定していく上でどこが誤っているのかわかりにくくなる可能性があります。

変更の必要の無いブロックを纏めて全体像をすっきりさせることも可能ですので、次回はそちらを活用したモデルを紹介して行きたいと思います。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

08 : 54 : 39 | ADL | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

ADL(Algo Design Labo)について

皆さん今日もお疲れ様です。
ぴよ。です。

今回は先日少しお話させていただきました機能「ADL」について、数回にわけてお伝えしたいと思います。

まず、ADLとは"ALGO DESIGN LAB"の略であり、文字通り、アルゴをデザインする部屋です。
ブロックを組み合わせていくことで、直感的にアルゴを組んでいくことができるものとなっております。

また、作成したプログラムのテストを行う際にバグを検知する機能もついており、作成・確認が容易にできます。

今回は基本のブロックの紹介と簡単な発注モデルを作りたいと思います。

TOCOM金先物において、
「最良買い気配値」に買い注文を出し、
約定後は「約定価格から呼値+1tick上」での決済注文、
あるいは「約定価格から3tick下」での決済注文、
を出すといったIfdoneOCOモデルを作成してみます。

全体像はこのような形になります。




まず、新規発注に関する項目を説明します。
・左端の緑ブロック…[Instrument Block]
 銘柄を設定するブロックです。
 今回はTOCOM金先限5月を選択しています。

・その下黄色の楕円ブロックは…[Instrument Field Block]
 価格や板上の発注量などの対象銘柄の数値を拾ってくるブロックです。
 今回は最良買い気配を指定しています。

・その下のオレンジの円ブロック…[Number Block]
 数値を設定するブロックです。

・上記の3つを紫色の四角ブロック…[Order Block]
 こちらに紐付けて、新規発注を構成しております。

次は、決済注文に関する項目です。
見た目がどうも複雑に見えますが、

・その左上にある[If Then Else Block]
 発注価格のIF条件をつける

・真ん中下にある[Accumulator Block]
 これを使い、約定した枚数分を指定する

・その2つを1番右の四角ブロック[Order Block]
 こちらに紐付けることで決済注文の発注をさせています。

[If Then Else Block]で指定している条件は、

「最良買い気配値>約定価格-2tick」ならば
「約定価格+2tick(最小呼値+1)」
そうでなければ「約定価格-3tick」の価格を指定する
となっております。

[Number Block]や算術ブロックである[Adder Block][Subtract Block][Greater Than Block]をつなぎ合わせて条件作りを構成しています。


このようにブロックをつなぎ合わせることで思い描いたものを視覚的に構成することが簡単にできます。
ここから発動条件や他商品との組み合わせ等を追加していくことも可能ですので、とても使い勝手のよい機能であるかと思います。

もちろん、Live環境で使用する前にリアルなデモ環境で試行を繰り返せますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせお待ちしております。

にほんブログ村 先物取引ブログへ

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

11 : 19 : 53 | X-TRADER | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

M.J.

Author:M.J.
岡安商事株式会社
マーケティング部
「Net Trade Pro」 の方を対象に
新規口座の案内、サポートを
行うために開設された部署です。

プロトレーダーやシステム
トレードに関するお問い合わせはこちら
こちらまで
traders@okayasu-shoji.co.jp

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (2)
X-TRADER (129)
Market Explorer (1)
Order Book (1)
Commodity (38)
TT Demo (3)
TraderWorkStation (3)
Market Window (1)
Tokyo Commodity Exchange (75)
Tokyo Financial Exchange (8)
Tokyo Grain Exchange (6)
Fill Window (1)
Trade Book (1)
Algorithmic trading (19)
Proprietary Trading Firm (1)
Strategy (20)
Asahitrust (20)
Audit Trail (1)
Customer List (1)
Tokyo Stock Exchange (4)
Autospreader (2)
Bond (2)
Nikkei 225 (1)
Theory (18)
Order (1)
Foreign Exchange (47)
Derivatives (66)
etc (355)
Broker (3)
終わりに (1)
ADL (8)
経済指標 (5)
取引所スケジュール (7)
New TOCOM (8)
CQG (0)

リンク(順不同)

必ずお読み下さい

ランキング

人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログへ 商品先物取引ポータルへ 商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ マネポケ金融投資ブログランキング 商品先物ランキング

フリーエリア

Google Page Rank Checker

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新記事